なかよしこども園

園の概要

竣工年月日 平成23年2月xx日
敷地面積 2990.86㎡
建物面積 988.96㎡
建物構造 鉄筋コンクリート造2階建

組の紹介

ちゅうりっぷ組 0歳児室
ばら組 1歳児室
さくら組 2歳児室
たんぽぽ組 3歳児室
うめ組 4歳児室
ふじ組 5歳児室

【なかよし保育園設立までの経緯】

創設者喜多濃敏順は、宗教人の一人として次代を担う子ども達の健全育成に一生を捧げたいと念じ、昭和30年当時、三ヶ島地区には、幼稚園・保育園が一園も無く、妙善院檀信徒の方々や地区の方々より、保育園か幼稚園の設立の強い要望があり、この年に保育園建設に着手した。

初めて子ども達に接し、汗水を流しながら紙芝居をした浅草の吾妻橋の袂の「仲良し日曜学校」にちなんで、「なかよし保育園」と称した。

昭和53年に個人経営から法人に移行し、社会福祉法人光輪会を設立した。「設立認可53.6.12」設立時の理事長は喜多濃季だったが、平成4年7月14日に理事長を喜多濃敏順に変更した。