平成24年度(No.1)

内容 かみつき、ひっかきに関する相談・おむつ替えに関する相談
処理 1、クラス内で同じお友達に噛みつきや、ひっかきの行為をされている。
24年度の入り、新入園のお友達がクラスに新たに加わった事や、進級により環境(部屋の移動)の変化から、落ち着かない時期があった。
小さな子ども達による噛みつき、ひっかきの報告も上がってきていた。先ず落ち着いた環境で過ごせるように整備を行い、噛みつきの目立ってしまうお友達には職員が常に寄り添うようにし対応していった。
4月終盤には落ち着き、そのような行為もなくなっていった。引き続き注意してまいりたい。
2、おむつ替え、おしり拭きをこまめに行い、おむつかぶれ防止に努めてほしい
園として出来得る限りの処遇、対応を行っているがなかなか満足して頂けない事もある。お手紙を頂き「放置している」という厳しい内容のものであった。
職員会を開き全員に周知していった。今後とも園として出来得る限りの事を精一杯行ってまいりたい。